アレルギー性鼻炎、無呼吸症候群なら滋賀大津の小澤耳鼻咽喉科医院へ

520-0027 大津市錦織二丁目2-24

HOME > アルゴンプラズマ

アレルギー性鼻炎の手術(アルゴンプラズマ療法)

痛み、出血ほとんど無し。アレルギー性鼻炎の症状が緩和されます

アルゴンプラズマ療法とは?

当院では、アルゴンプラズマ凝固装置を導入しアレルギー性鼻炎の手術療法を行っています。
アルゴンプラズマ療法は、正式にはアルゴンプラズマ凝固装置を用いた、下鼻甲介粘膜焼灼術です。アルゴンガスを吹き付けながら高周波電流を流して、鼻内の下鼻甲介粘膜を焼灼することにより鼻粘膜のアレルギー反応を抑える治療法です。アレルギー性鼻炎の症状であるくしゃみ、鼻水、鼻閉に有効で、特に鼻閉に約80%以上効果があると報告されています。レーザー治療に比べて、広く、浅く、均一に焼灼できるため、手術時間が短いのが特徴です。

麻酔時間、休憩を含めて施術にたった1時間。効果は約2年間続くアルゴンプラズマ療法

麻酔は局所麻酔薬をしみこませたカット綿を約30分間鼻内に入れて行います。
照射時間は約10分程度で、痛みや出血はほとんどありません。術後約2週間は粘膜が腫れて、かさぶたが付くために一時的に鼻閉が強くなりますが、徐々に改善します。効果は個人差がありますが1~2年程度持続します。症状が再発した場合は再治療が可能です。

アルゴンプラズマ療法の流れ

麻酔薬をしみこませたカット綿を鼻の中に入れて鼻の粘膜を麻酔します。(注射は使いません)

待合室で約30分間お待ちいただきます。

カット綿を取り除いて、鼻の粘膜にアルゴンプラズマを照射して粘膜を焼灼します。
手術時間は両鼻で10分以内です。

終了後しばらく待合室で休んでいただいて、特に問題なければ帰宅していただきます。

*麻酔時間、休憩を含めて施術に60分程度かかります。

アレルギー性鼻炎手術(アルゴンプラズマ療法)の
よくあるお問い合わせ


アルゴンプラズマ療法はどんな方に向いていますか?

薬物治療で効果が不十分な方、通年性のアレルギー鼻炎で薬を飲み続けるのが嫌な方、授乳中や妊娠を予定されていて薬を飲みたくない方が適応になると思います。手術の適応については診察時にお気軽にご相談ください

スギ花粉に悩んでいます、いつごろ手術するのが良いですか?

スギ花粉症の方は、シーズン前の12~1月に施行しています。花粉飛散量の多い時期は、内服薬、点鼻薬を併用しますが、薬を減量できる効果があります。

手術は予約が必要ですか?

はい。手術は診療時間内に予約制で行っております。またこのアレルギー性鼻炎の手術(アルゴンプラズマ療法)は健康保険が適用されます。